田舎暮らし格安物件 / 古民家賃貸 / 田舎暮らし賃貸 / 田舎暮らし物件

「スポンサードリンク」

2012年10月31日水曜日

田舎暮らし物件の不動産個人売買 2つのポイント

田舎暮らし物件の不動産個人売買では、大きく分けて2つの注意すべきポイントがある。
第一のポイントは、物件調査。プロの不動産屋さんになったつもりで、購入する田舎暮らし物件のチェックポイントを売買契約前に調査する。
第二のポイントは、安全な取引。特に、売買代金の支払い時期。売買代金の支払いと同時に、購入する田舎暮らし物件の全て(物件本体と鍵と登記済権利証)が自分の物にならなくてはならない。
少しでも不安がある場合には、売買契約はしないこと。ましてや手付金や売買代金の支払いなどもっての他。
個人売買でも、売買代金の決済時には司法書士に立ち会ってもらおう。

2012年7月31日火曜日

不動産個人売買の注意する点を良く勉強しよう

田舎暮らし物件の売買契約を、宅地建物取引業者へ依頼する場合には、ほぼ間違いの無い取引きが出来るでしょうが、古民家物件や土地 などの田舎暮らし物件を、不動産個人売買で直接相対で不動産売買契約を締結する場合には、その古民家や土地などの田舎暮らし不動産や田舎暮らし物件に関連する諸々の法律を充分勉強した上で、 不動産売買契約締結の場へ望んだ方が安全な不動産個人売買が出来ます。田舎暮らし格安物件の不動産個人売買での購入はくれぐれも慎重に。田舎暮らし格安物件の古民家や土地の不動産個人売買の注意する点を良く勉強し、最高の田舎暮らし物件を不動産個人売買で購入しよう。
 My Site  田舎暮らし物件の個人売買∥古民家物件の移設∥山林を耕すより