田舎暮らし格安物件 / 古民家賃貸 / 田舎暮らし賃貸 / 田舎暮らし物件

「スポンサードリンク」

2012年10月31日水曜日

田舎暮らし物件の不動産個人売買 2つのポイント

田舎暮らし物件の不動産個人売買では、大きく分けて2つの注意すべきポイントがある。
第一のポイントは、物件調査。プロの不動産屋さんになったつもりで、購入する田舎暮らし物件のチェックポイントを売買契約前に調査する。
第二のポイントは、安全な取引。特に、売買代金の支払い時期。売買代金の支払いと同時に、購入する田舎暮らし物件の全て(物件本体と鍵と登記済権利証)が自分の物にならなくてはならない。
少しでも不安がある場合には、売買契約はしないこと。ましてや手付金や売買代金の支払いなどもっての他。
個人売買でも、売買代金の決済時には司法書士に立ち会ってもらおう。